CD、DVDコピーマニュアル

CDプレスについて

CDプレスは同じ内容のコンパクトディスクを大量に、かつ安価に揃えるときに有効な方法だといえます。コンパクトディスクは、目には見えませんが非常に小さな凹凸を持っており、この凹凸にレーザー光線を当てることで、その反射光を読み取ることでさまざまな形のデータを解釈していくメディアです。この細かな凹凸を、あらかじめコンパクトディスク一枚分のデータの金型として用意しておいて、これをメディアに押しつけて一気に一枚のディスクを作り上げるのがCDプレスです。CDプレスで使われる金型は一般的にスタンパーと呼ばれています。CDプレスが行うこととほぼ同じ事が、実は今やご家庭のパーソナルコンピュータでも比較的手軽にできます。パーソナルコンピュータの普及と高性能化により、家庭のパーソナルコンピュータであっても、CD-R作成機能を持った光学ドライブを備えた物が今や一般的になっているのです。これらの光学ドライブは、CDプレスがスタンパーによって作成しているデータの凹凸を、CD-Rにレーザー光線を当てて作成しています。
一般の家庭では、タイタニックといった映画や音楽をデータとして残したり趣味としての利用が多いと思います。

 

ですがこの家庭でCD-Rを焼く作業と、CDプレスは厳密には違うもので、一番違うといえるのは、製造コストと出来上がったコンパクトディスクのデータの堅牢性にあります。CDプレスは金型を作る必要上、初期のコストがCD-Rに比べて割高になる反面、一度スタンパーを作ってしまえば、そのあとは大量のコンパクトディスクを短期間で制作することができます。また、レーザー光線でディスクに凹凸を付けていくCD-Rの場合、どうしても作成の過程でデータが上手くディスク表面に固定されないことがありますが、CDプレスの場合は、こういったデータ落ちが発生する可能性はかなり低くなります。オリジナルのCDをプレスしたら、ラベルやポスターも作っちゃおう!!という方もいるかもしれませんね。ラベルの印刷も依頼可能となっている業者もあります。こだわりのポスターやラベルを印刷してください。

 

また、CDプレスによって作成されたディスクには、作成時に保護用のコーティングが施されます。CD-Rではこの保護用の皮膜がない分、経年変化によってデータの一部が破損してしまう危険性があるのですが、CDプレスではこちらの危険性もぐっと低いものになるのです。このような理由からCDプレスはデータの互換性でもCD-Rよりやや有利であると言えるでしょう。CD-Rは多くの場合パーソナルコンピュータを介してデータをディスクに記録するため、データソースの規格やその焼き付け方の違いによって、ある機種では再生できるデータが、別の機種では上手く読み込めない、といったことが発生してしまいます。しかし、CDプレスで作成したディスクのデータは安定した質を持っているため、そういったことも起こりにくくなっています。

 

基本的には多くの人になるべく安価なコストでメディアを配布したいといったときに真価を発揮するのがCDプレスということになり、個人のデータのバックアップやごく少数の複製が必要、といった限定的な用途に向いているのがCD-Rと言えるでしょう。要は使い所ということになりますが、具体的にCDプレスが実力を発揮する局面とはどういう状況なのでしょう。

 

CDプレスは均一な品質の製品をある程度大量に生産したいといったときに魅力的なメディアとなります。量産効果が見込めるメディアですので、作れば作るほど、コストは低く抑えられる事になります。こういったニーズに合致したジャンルとして考えられるのは、やはりさまざまなアマチュア活動の成果物の配布、ということになるのではないでしょうか。例えばCDプレスで大量に作りたいメディアの一番手として考えられるのは、なんと言っても音楽CDではないでしょうか。音楽のジャンルを問わず、自分たちの演奏がメディアとして残るというのは嬉しいもの。また、CDプレスで作るディスクは、シルクスクリーンやオフセットによる美しい印刷加工も可能ですから、センスさえあればその辺のプロのバンドのCDなどよりも、はるかにファッションセンスにあふれた音楽をCDプレスすることも可能なのです。

 

pickup

魚群探知機

無地Tシャツ

カラコン 度あり

コルセット 編み上げ